英検CSEスコア

英検CSEスコアってなんだ?英検の新しい成績表を詳しく紹介

あなたにも英検1級の合格証明書を差し上げます

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

*当サイト管理人所有の英検1級合格証明書です。

 

当サイトでは英検1級を取得している管理人がおもに
英検1級に独学で効率よく合格するための勉強法を
ご紹介しています。

 

このページでは英検の2015年第1回検定から
導入された

 

 

英検CSEスコアについて詳しく説明しています

 

英検CSEスコア〜なんだそりゃ?ややこしそう。。。

 

CSEスコアとは”Common Scale for English”の略で、
直訳すると「英語共通尺度」となりますね。

 

でなんのための共通尺度(=共通スコア)なのかというと、

 

  • 英検5級〜1級全体の共通スコア
  • 英検/TOEIC/TOEFL/CEFR(後述)と他資格を含めたうえでの共通スコア

 

ということになります。

 

CEFRという聞きなれない言葉がでてきましたが、
"Common European Framework of Reference for Languages"略で
西洋諸国の多くが言語コミュニケーション能力の国際基準として採用している規格です。
(C1/2 B1/2 A1/2 と6つのレベルに分かれています)

 

ようは:

 

これまでは英検各級の合否結果以外に
基準がなかったので他資格との比較が明確にできずに不便だった。
      ↓
この点を改善するために
      ↓
英検全体/TOEIC/TOEFL/世界基準CEFRすべてに
共通するスコアとしてCSEスコアという新基準を開発して
英検の成績表に付け加えたということです。

 

CSEスコアの導入は歓迎すべき?しないべき?

 

 

CSEスコアの導入は歓迎すべきです!!

 

CSEスコアが導入されることで起こるデメリットは現状考えられる
範囲でただひとつ。成績表が大きく細かくなるという事だけです。
必要がない人は読まずに合否だけを見れば良い話なので、
そこまでのデメリットにはならないでしょう。

 

というわけでCSEスコアのメリットをここから説明します。

 

英検CSEスコア導入のメリット

 

自分がどの級に合格できるレベルなのかが分かるようになる

 

CSEスコアは英検5級〜1級まで全てに共通するスコアとなっていますので、
成績表に記載されたスコアを見れば自分のレベルが分かります。

 

CSEスコアと英検各級合格レベルの対照表

英検CSEスコアってなんだ?英検の新しい成績表を詳しく紹介

(英検協会HPより引用)

 

例えば英検1級に受験するとしてCSEスコアが500点だったとします。
(↑当サイトの勉強法を実践しているならありえませんが)

 

この場合、うえの対照表で見ると英検5級にも
合格できないレベルとなるので英検5級からまず勉強する
必要があることが分かります。

 

英検目標級 合格に必要な対策が明確化する

 

たとえばあなたが英検1級を目指しているとして、
一次試験の成績表を見ると:

 

リーディング(R)が700点/850点
リスニング(L)が300点/850点
ライティング(W)が700点/850点

 

で不合格だったとします。

 

この場合、リスニングの得点力が明らかに弱いという事が分かりますので、
リスニング対策を重点的にしていく必要があるという事が明確になり、
今後の学習方法の対策が立てやすくなります。

 

他資格を受けた場合の予測スコアが分かる

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

(英検協会HPより引用)

 

自分のCSEスコアを元にこの表を見れば、
英検以外の資格で自分がどれくらいのスコアのレベルに
いるのかが一目瞭然になりますね。

 

このように他資格との比較も以前に比べて
さらに細かくできるようになったことがCSEスコア導入の
メリットと言えるでしょう。

 

新しくなった英検の成績表を見てみましょう

 

英検 一次試験の成績表

 

英検CSEスコアってなんだ?英検の新しい成績表を詳しく紹介

 

赤枠に囲われた部分がCSEスコアの表記部分になっています。

 

@がトータルのCSEスコア 
Aがリーディング試験・リスニング試験のスコア内訳
Bが英検バンドと良い後述しますが、GP0が合否の分かれ目です。

 

英検 二次試験の成績表

 

英検CSEスコアってなんだ?英検の新しい成績表を詳しく紹介

 

2次試験のCSEスコア@ABも基本的には一次試験の
内容とおなじなのですが、面白いのは

 

 

リーディングが評価対象になっていることです

 

おそらく音読・発音部分がリーディングの評価として
反映されているのだと思いますが、不合格だった場合
このスコアを見てどのように次回まで英検の受験対策をすれば
良いのかが分かる参考になりますね。

 

英検バンドとは?

 

英検CSEスコアってなんだ?英検の新しい成績表を詳しく紹介

(英検協会HPより引用)

 

英検バンド/GPという新しい評価項目が増えたことで、
さらに英検合格に向けての対策・プランニングが立てやすくなっています。

 

英検(R)CSEスコアを使って受験対策をしっかりしよう!

 

英検CSEスコアは新しい成績評価方法のため、
なれるまではとっつきにくいかもしれません。

 

でも、成績表にのっているCSEスコアをしっかりと受け止めて

 

  • 自分の得意分野
  • 自分の不得意分野

 

を理解するようにしておけば、不合格だった場合でも
次の英検受験までに何を対策すべきかがすごく分かりやすくなりますね。

 

新しい=難しい=ほおっておこう。。。

 

とならずに自分の英語力を客観的に知るための
指標として日々の英語学習に取りいれていきましょう!

 

ほかの英語資格試験を受験するさいにも役立ちますよ♪


独学勉強法講座 独学用教材 実践受験法講座 受験体験談 二次試験・面接対策 ホーム