英検1級

英検1級を勉強すると英語の上達がおくれるのは本当?

あなたに英検1級の合格証明書をプレゼントします

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

独学で合格するための英検1級勉強法はこちら

 

英検1級(R)を目指すのは遠回りな方法なのか?

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

『英検1級は目指さないようにしましょう
 なぜなら英語の上達が遅れるからです』

 

という方がいます。

 

この理論でお話される方の多くが、

 

英検1級に出題される単語はむずかしすぎる。

 

結果、英語学習のモチベーションを下げるので、
英語力の伸びが悪くなってしまうんだ。

 

という意見をお持ちの方です。

 

言論の自由が許されている国、日本に幸運にも生まれた私たち。
彼らの意見を否定するつもりはありません。

 

ただ僕の意見はまったく別物です。

 

結論!英検1級(R)を目指しても英語の上達は遅れません!

 

さいしょに僕の意見を話させてもらうとこうなります↑

 

英検1級を目指したからといって英語の上達が
遅れるなんてことは一切ありません。

 

いきなり英検1級を普通は目指しませんよね?

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

英検1級を目指すと英語の上達がおくれると話すかたは、
英検1級を目指している人のレベルという部分を
無視されていると思います。

 

英検1級は英検3級・2級・準2級・準1級のさきにある資格です。

 

つまりはいきなり英検1級を目指そうとする人は
ほとんどいないということ。

 

いたとしても帰国子女の方だったりするでしょう。

 

もちろん英検1級を英検3級レベルの方が目指しても良いです。
僕はそういった方を心から応援したいと思っています。

 

でも、まずは順序だてて英検準1級に合格できる力をつけることを
当サイトでは推奨させていただいています。

 

そうしてその後に英検1級に挑戦すればよいわけです。

 

この中で言えることは↓

 

英検はきわめて系統だてられた試験である

 

ということです。

 

英検1級に合格するためには英検準1級・2級・準2級・・・5級まで
英検1級より下位に位置している級に合格できるレベルの英語の
知識が必要になってきます。

 

TOEICなどは誰が受けても同じ問題を解く方式のテストですが、
英検はまったく別。

 

級によって難易度も問題の内容も違ってきます。

 

この英検の特性は英語力アップにはきわめて有益です。
なぜなら階段をあがるように自分の英語力をあげていけるからです。

 

英検3級レベルから英検1級を目指して、
級を1段1段とあがっていけば、おのずと英語力は上がるでしょう。

 

英検は読む・書く・聞く・話す、すべてが鍛えられる優秀な英語資格

 

僕自身、TOEICで800点以上とれるようになってから
英検を目指した人間ですが、TOEIC800点取得当時、
英語をまったく話せませんでした。

 

なぜならTOEICにはスピーキングテストがないから。

 

どれだけTOEICの勉強をしたとしても
インプット量が増えて文字が読めたり、いくぶんニュースの意味が
分かるようになる程度でアウトプット力はつきませんでした。

 

この点、英検はライティングテストもありスピーキングテストもある試験。

 

読む力だけでなく、書く力・聞く力・話す力が
まんべんなく鍛えられる優秀な試験だということが言えます。

 

TOEICが悪いというつもりはありません。僕も一時期勉強していました。

 

でもTOEICと英検でどちらが英語力養成に有効な試験かと言われれば、
英検だと答えます。他に英検と同じくらい有効な試験にIELTSというものが
ありますが、いまいち日本での認知度が低いため、
英語資格としての有効性が少なくあんまりオススメはしていません。

 

『英検1級で覚えた知識は一般社会では役に立たない』はウソ

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

英検1級の単語レベルは12000ー15000語レベルといわれていて、
英検準1級合格に必要な単語レベルの7000語より圧倒的に多いです。

 

この単語量の差などを引き合いにだして、

 

『英検1級の単語を覚えても実生活には役に立たないよ』

 

とおっしゃる方もいます。

 

でもこれはウソ。

 

英検1級の単語レベルは高校3年生なら理解できるレベル

 

英検1級の単語レベルは欧米の高校3年生なら
満点を取れるレベルの単語レベルでしかありません。

 

ちなみにアメリカの大学入試試験にでてくる単語は
もっともっと難解です。

 

つまりは英検1級の単語はアメリカやイギリスなどで高校を卒業した
一般人が普通に理解できる・使えるレベルの英語力です。

 

先進諸国なら高校を出る人がほとんどですので、
英検1級は高校を卒業した大半の人と同じレベルに
並ぼうとするのに最低限必要なレベルなわけです。

 

中学卒業レベルの言語能力で世界を渡り歩くか、
最低限高校3年生レベルの言語能力を身に着けて
世界で活躍するか。

 

どちらが良いでしょう?

 

僕は高校3年生レベルの英語力を培うことが、
これからの世界を生き抜いていくのに必要だと考えます。

 

そして、、高校レベルの英語が実生活に役立たないというのは
どういう根拠があってそんなことがいえるのかが僕には分かりません。
高校レベルなら実生活に役立つ英語力だと思うのですが
あなたもそうは思いませんか?

 

英検1級(R)を勉強することは英語の上達にも実生活にも役立ちます

 

英検1級を取得している僕自身の意見では、
うえのような理由で英検1級を目指すことで、
英語の上達は遅れないと考えています。

 

また実社会で役立たないということもありません。
小説の原書を読めば英検1級レベルの単語なんて
ざらにでてきます。

 

むしろ他の英語資格を目指すくらいなら、
英検を目指したほうがよっぽど英語力は伸びるでしょう。
そして実生活にも役立ちます。

 

たださきほどもお話したように、英検5級の英語力をお持ちの方が
英検1級にいきなり挑戦することはオススメしません。
なぜなら英検1級には英検4級合格に必要な英語力も必要になるからです。

 

そう考えると英検の別名がステップ英検なのも納得できますね。
5級から階段を1ステップ1ステップ上がるように英語力を伸ばしていける
系統だてられた英語力を伸ばすための資格が英検なわけです。

 

僕自身は英検1級を取得してよかったと心底思っています

 

僕は英語を日本で学んだ人間です。

 

短期で1ヶ月弱だけオーストラリアのキャンベラ大学というところに海外留学
したことがありますがそれ以外は100%日本で英語を勉強しました。

 

それでも英検1級合格までのインプット・アウトプットのおかげで
海外にでても英語話者の方と対等にお付き合いができています。

 

というよりむしろ

 

『ヒロとは英語で深い話ができるから嬉しい』

 

といってもらえたりもしています。

 

それもそのはず、英検1級で培った英語力があるため、
天文学の専門的な話はできませんが、一般的な
深い話なら余裕でできちゃうのです。

 

ちなみに。。。天文学の専門的な話なんて日本語でもできません(笑)

 

あなたが普段日本語で話していることが
英語でも話せるようになったら、もっと深く海外の方と付き合えます。
もっと海外の情報を深くしることができます。

 

そのために英検1級は有益な資格であるといえます。

 

英検1級を勉強しても英語の上達が遅れることはないので
安心してくださいね♪

 

もしあなたが

 

『海外旅行で困らない程度の英語力があればいい。』
『別に外人と友達にならなくてもいい。』

 

という場合は英検2級程度でも十分だと思います。
その分、英検以外の興味のある分野の勉強をするのも
人生の価値を高めるのに大切ですよ♪

 

あなたが本当に英検1級(R)を目指したいのなら当サイトがサポートします

 

当サイトでは英検1級合格者の管理人が自身の
体験をもとに英検1級合格までに必要な知識や勉強法・受験攻略法を
無料で公開しています。

 

参考になるカテゴリーページをしたに紹介しておくので、
興味がある部分から読んでみてください。

 

@英検1級に受かる独学勉強法
A英検1級に受かるのオススメ教材
B英検1級の攻略法・コツが分かる無料対策講座


独学勉強法講座 独学用教材 実践受験法講座 受験体験談 二次試験・面接対策 ホーム