英検1級 独学 勉強法

面接のコツ|英検1級の二次面接で緊張してしまう人必読の章

あなたに英検1級の合格証明書をプレゼントします

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

独学で合格するための英検1級勉強法はこちら

 

英検1級(R)の面接で緊張するのは当然のこと

 

面接のコツ|英検1級の二次面接で緊張してしまう人必読の章

 

英検1級の面接は、10分という時間の中で

 

・自由会話
・スピーチ
・スピーチに対する質疑応答

 

と3つをこなさなければいけません。

 

スピーチに対する質疑応答はあなた自身が話した
スピーチに対して英検の面接委員が痛いところを
ついてくるような形になっていますので、

 

どうしたって緊張してしまうのは仕方がありません

 

僕自身、英検1級の面接を3回以上経験している人間ですが、
合格した回の面接もやっぱり緊張していました。

 

それはそうですよね。

 

英検1級のスピーチは与えられたトピックからスピーチする内容を
選ばなければいけません。もともと自分が好きなトピックを話せるのなら
別ですが、圧倒的に不利な立場といわざる終えないでしょう。

 

さらに

 

何を聞いてくるんだろう?
ちゃんと返答できるだろうか?

 

という不安が頭によぎって緊張という現象が起こってしまうわけです。

 

そんな時にこのページでここからお話をする内容を
思い出していただけたら少しは緊張が軽くなると思いますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

面接担当者に受験者の緊張について聞いてみました

 

今はもう英検の面接委員を辞められた方が実は知り合いにいます。
なので

 

面接委員をつとめていた当時、受験者の緊張をどう受け止めていたか?

 

という点について質問してみました。

 

なかなか聞ける話ではないのでかなり貴重な話だと思います。

 

英検の面接委員から見た受験者の緊張への印象

 

というわけで元面接委員の方の話によると、

 

受験者の緊張は特に点数には関係がないということでした

 

緊張は人間なら誰でもするもの。試験という状況ならなおさらです。
それは同じ人間の面接委員も経験したことのあること=理解できることなので、
面接委員としても「仕方がないよね」とわかっているそうです。

 

なので緊張していることで英検1級の二次面接の評価が
悪くなるということはありません。

 

緊張していて一言も話せない。。。

 

というのはさすがに合格の見込みを自分で断ってしまうことになりますが、
緊張していても、

 

  • 緊張しながら精一杯コミュニケーションをとろうとする。
  • 緊張しながら自分の意見を精一杯話そうとする。

 

という風にしていれば逆にAttitudeの評価項目では
高得点をとることができるということだと思います。

 

なぜなら英検1級は発話力を評価するテストです。

 

緊張は誰にでもあるものだから、緊張は評価のマイナスにもプラスにも
なりません。しかし発話力(コミュニケーションをとろうとする態度)は
Attitudeの評価に入ってしまうんです。

 

このことから、

 

緊張するのは仕方がない。それは面接委員の人もわかってくれている。
緊張してても良いから一所懸命に話そう。コミュニケーションしよう。

 

と考えて試験に望むことが英検1級の面接試験でよい結果を
生むコツだといえます。

 

緊張した→話せない→無理。。

 

とネガティブな考えに走って試験合格をあきらめないように
注意してください。

 

緊張した→いつも通り話せない→面接委員もそれはわかっている
→分かってくれているんだから今のベストを尽くそう・話そう

 

と前向きに考えればAttitudeの評価もあがり、
発話力も上がり、コミュニケーション能力も高まるので
合格できる可能性が高まります。

 

緊張より「横柄な態度」をとるほうが問題だという話でした。

 

緊張は人間なら誰でも経験があることなので、
面接委員もある程度理解してくれています。

 

でも「横柄な態度は問題だ」というのが、
元面接委員の方の考え方でした。

 

横柄な態度って人間なら誰でもするわけではないですよね?

 

ということはそれはコミュニケーション能力を測る英検でもAttitude面で
マイナスの評価をされる可能性が高いわけです。

 

英検の面接委員も人間なので横柄な態度に良い思いはしないでしょう。

 

英検の面接は英語を使ったコミュニケーション能力を問う試験です。
なので英語以外の態度も試験項目に入っていると思って間違いありません。
緊張してても良い、積極的にコミュニケーションをとり礼儀正しくいることが
Attitudeの評点をあげるコツだと言えそうです。

 

ちなみに英検の試験の評価規定云々という話ではないので
試験面接員によってある程度の誤差はあるとのことです。

 

聞いたところによると英検の面接員は試験の採点基準について、
絶対の守秘義務をお持ちだそうです。(試験の採点基準が公表されたら
試験基準をすべて変えないといけませんからね)

 

このため、こちらのページでお話している内容は、あくまで知り合いの
「元面接委員がどう思うか」という話であり絶対のものではありません。

 

試験の評価基準については一切教えてもらってはいませんので、
この点について、当サイトに質問されてもお答えは一切できかねます。
また僕自身が面接委員の方と知り合ったのは英検1級合格後の事です。

 

英検(R)の面接のコツ|まとめ

 

ここまで話してきたことをまとめると:

 

  1. 緊張はしても良い(面接委員もわかっている)
  2. 緊張しても諦めずにコミュニケーションをとろうとする
  3. 礼儀正しくいる

 

ということになります。

 

緊張は本当に誰もがしているので、
あんまり気にされないでくださいね♪

 

知り合いの元面接委員は

 

『見ていてカワイイなー♪』

 

と思ってしまうときもあると笑いながら話されていましたよ。
しつこいようですが、面接委員も同じ人間、あなたの緊張を
理解してくれています。

 

なので安心して緊張しながら試験に望みましょう!

 

当サイトはあなたの英検1級合格を心から願っています!!

 

英検1級(R)の面接試験に一発合格したいならこちら

 

僕が『英検1級の面接で合格できたのはこの教材のおかげだ!』と
自信を持って言える教材が1冊だけあります。

 

お値段は少々しますが、かなり合格までの道のりを
かなり短縮してくれる教材となっていますので、
あわせてチェックしてみてください。

 

英検1級の二次面接試験に一発で合格できるオススメ教材


独学勉強法講座 独学用教材 実践受験法講座 受験体験談 二次試験・面接対策 ホーム