英検1級 英検準1級 レベル

英検1級と英検準1級 レベルの差はどれくらい?

あなたにも英検1級の合格証明書を差しあげます

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

管理人直伝の英検1級独学勉強法はこちら

 

英検1級を目指そうとしている方で準1級の受験経験が無い人。

 

たとえばTOEICで900点以上を取得してから英検1級を
目指すことを決意した人からよく聞かれる質問が

 

英検1級と英検準1級のレベルの差はどれくらいなの?

 

というものです。結論からいうと、

 

英検のその他の級間のレベル差に比べて
ダントツで一番差があります。

 

という回答になります。

 

具体的に言えば2級と準1級のレベル差より
準1級と1級のレベル差のほうが大きいということなんですね。

 

具体的な数値も踏まえてここからお話していきます。

 

必要な英単語数・語彙量のレベル差

 

英検の各級合格に必要な語彙量は以下のようになっています。

 

英検級

合格に必要な語彙量目安

5級

300〜400

4級

600〜700

3級

1250〜1350

準2級

2600〜2800

2級

3800〜4000

準1級

6800〜7000

1級

12500〜13500

 

このページでお話している準1級と1級の語彙量の差を見てみると。。。

 

6800英単語と12500英単語、ほかの級と比べても
一番、語彙量の開きが多くなっていますね。

 

これが

 

英検のその他の級間のレベル差に比べて
ダントツで一番差があります。

 

とこのページの冒頭でお話した理由の1つです。

 

級間のレベル差は級があがればあがるほど広がります

 

級間のレベル差は級があがればあがるほど広がる

 

どういうことかというと、

 

5級と4級の間のレベル差が星1つだとすると

 

5級☆4級☆☆3級☆☆☆準2級☆☆☆☆2級↓
☆☆☆☆☆準1級☆☆☆☆☆☆1級

 

という間隔でそれぞれの級のレベル差が大きくなっていくということです。
この話は(私自身は又聞きですが)英検1級の面接員さんからの話だそうですので
かなり信憑性があると思います。

 

実際に英検のホームページにこの話を裏付けるデーターがありました↓

 

英検(R)のCSEスコアの開きも、レベルが上がるごとに広がっていきます

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

CSEスコアは2015年第一回検定から英検の成績評価項目として
あらたに付け加えられたスコアとなっています。

 

うえの表を見てみてください。

 

2級と準1級合格者の目安CSEスコアを見ると
差が200となっています(2500−2300)

 

これに対して準1級と1級合格者の目安CSEスコアの
差は300です(2800−2500)

 

このため英検1級と英検準1級のCSEスコアで見た
レベル差は300だと思っておいていただければよいでしょう。

 

実際に英検1級をあなたが受験すれば、
CSEスコアつきの成績表が送られてきますので、
うえの数値を参考に自分がいまどの級に合格できるレベルかが
わかると思います。
英検CSEスコアの詳細解説ページはこちら

 

1級・準1級の実務的レベルの差は?

 

1級

 

程度

 

広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。

 

審査領域

 

読む:
社会性の高い幅広い分野の文章を理解することができる。
聞く:
社会性の高い幅広い内容を理解することができる。
話す:
社会性の高い幅広い話題についてやりとりすることができる。
書く:
社会性の高い幅広い話題についてまとまりのある文章を書くことができる。

 

 

 

準1級

 

程度

 

社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。

 

審査領域

 

読む:
社会性の高い分野の文章を理解することができる。
聞く:
社会性の高い内容を理解することができる。
話す:
社会性の高い話題についてやりとりすることができる。
書く:
社会性の高い話題についてまとまりのある文章を書くことができる。

 

こちらの内容は英検を主催している英検教会の
ホームページから引用しています。

 

見てみると英検1級と英検準1級の違いは
幅広い分野について英語で話し・書き・読み・聞くことが
できるかどうかの違いのようですね。

 

この幅広いという部分を補うために英単語では
12000語以上の語彙量が必要になってくるようです。

 

まとめ|英検1級(R)と英検準1級(R) レベルの差

 

ここまで読んでいただければわかるように、
英検1級と準1級のレベル差はかなり広いです。

 

英検2級から準1級にステップアップするよりも
準1級から1級へのステップアップのほうが時間も努力も
必要になることは間違いないですね。

 

あなたが『それでも英検1級に合格したいんだ!合格したいの!』という
やる気あふれる方なら当サイトがあなたの英検1級合格を
サポートさせていただきます。

 

当サイトでは独学で英検1級に合格した管理人(わたし)が
最短で効率よく英検1級に合格するための勉強法を
お伝えしています。

 

よければこちらのページを参考に英検1級の合格に向けて
勉強をはじめてください↓

 

英検1級に絶対受かる独学勉強法

 

当サイトがあなたを英検1級合格まで導かせていただきます!


独学勉強法講座 独学用教材 実践受験法講座 受験体験談 二次試験・面接対策 ホーム