英検1級 独学 合格 

英検1級を受験するときに試してもらいたい問題を解く順番

あなたにも英検1級の合格証明書を差しあげます

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

管理人直伝!! 英検1級の独学勉強法はコチラ

 

こちらのページは英検1級の受験時に得点をあげるための
受験法をくわしく教える講座の第一回目です。

 

第一回目の内容は

 

英検1級の問題を効率よく解いていくための順番です

 

まずは英検1級(R)の問題パートを知っておきましょう

 

英検1級の問題パートは以下のようになっています。

 

英検1級受験講座@|試験時に問題を解くベストな順番はこれ!

 

左から2列目の「形式・課題」という項目がそのまま
英検1級の問題パートとなっていて

 

    ☆筆記☆

  • パート1 短文の語句 空所補充
  • パート2 長文の語句 空所補充
  • パート3 長文の内容 一致選択問題
  • パート4 英作文
  •  

    ☆リスニング☆

  • パート1 会話の内容 一致選択
  • パート2 文の内容 一致選択
  • パート3 リアルライフ形式の内容 一致選択
  • パート4 インタビューの内容 一致選択

 

となっています。

 

各パートの効果的な攻略法はまたのちのち講座で
お話していきますので置いておくとして、

 

今回どういう順番で筆記のパート1〜4を
解いていけばもっとも得点があがりやすいか?

 

という点についてお話します。

 

英検1級(R)の得点がもっともあがる回答の順番はこれです!

 

英検1級でもっとも得点が取れる回答の順番

  1. パート4 英作文
  2. パート1 短文の語句 空所補充
  3. パート2 長文の語句 空所補充
  4. パート3 長文の内容 一致選択問題
  5. パート4 英作文
  6.  

    *****余った時間で見直し+リスニング問題をチェック****

     

  7. パート1 会話の内容 一致選択
  8. パート2 文の内容 一致選択
  9. パート3 リアルライフ形式の内容 一致選択
  10. パート4 インタビューの内容 一致選択

 

どうでしょうか。

 

『ん?筆記のパート4が2回ある??』

 

と思われましたか?

 

そうなんです、当サイトがオススメする英検1級の問題を
解く順番に従って英検1級を受験する場合、
パート4の問題ページを2回開くことになるんです。

 

まずパート4の題目とキーワードだけを読んでからスタート

 

英検1級の全得点のうち約3割を占めるパート4のエッセイ・英作文。

 

1問で28点も配点があることからここを取りこぼすと
英検1級合格自体が危うくなってしまいます。

 

当サイトの英検1級受験法では

 

まず英作文の主題とキーワードを読みます

 

といっても、実際に英作文をするのはあと。
まずは英作文の主題とキーワードをさらりと読むだけです。

 

なぜこんな一見無意味に思えるようなことをするかというと、
それは脳を効率よく使うためです。

 

最初に英作文の主題とキーワードを読んでおくと、
私たちの脳はそれを記憶してくれます。

 

そして英検1級のパート1から順番に問題を
解いていったその先にパート4の英作文があるということも
自動的に脳が理解してくれます。

 

するとパート1・2・3と問題を解いた後に
パート4を解く問題回答スピードが上がるということが
僕の経験からわかっているんです。

 

それもそのはず、パート1・2・3と読んでから
いきなりパート4の問題を見て、それからどうするかを
考えるより一度英作文の問題を読んでおいたほうが
心の準備具合が違います。

 

そして何より脳の英作文に対する準備具合が違うんです。

 

なので、これからあなたが英検1級を受験するときは
まずはパート4の問題をいちど読んでから
パート1に戻り問題を解きはじめるようにしてください。

 

パート4に使う時間が減って、見直しなどに
時間が使えるようになり、英検1級の得点力が
アップする効果が期待できます。

 

パート4の問題をさきに見てからパート1・2・3と問題を解こうとすると
慣れないうちはパート1を解きながら英作文について考えるということを
してしまいがちになります。

 

でもこれは絶対にしないでください。

 

回答スピードが落ちてしまい、効率よく頭を働かせているつもりが
時間切れになり得点が下がる結果になってしまいます。

 

英作文の主題とキーワードをさらっとチェックしたら
そのことは忘れてパート1から解きはじめていただければOKです。

 

パート4を見たら、あとはパート1から順番に解きましょう

 

パート4の英作文をチェックし終えたらあとは簡単。

 

集中してパート1からパート2・3と順番に解いていくだけです。

 

パート4のことは忘れておきましょう。
あなたの脳が勝手に覚えていてくれますからね♪

 

パート2を解いてからパート3を解きましょう

 

たまにパート3のほうが一問あたりの配点が2点と高いので
パート3を先に解いてからパート2(配点1)を解くという方がいますが、
これはあまりオススメしません。

 

なぜかというとパート3の長文はパート2の長文に比べて
難易度が高いからです。

 

いきなりパート3の問題を解いてしまうと、
読解スピードが遅くなり時間のロスが大きくなる可能性があります。

 

これを防ぐために、まずはパート2の短めの長文を読んだあとに、
パート3を解くようにしてください。

 

パート2の比較的読みやすい文章で長文を読むという作業の
準備体操をしてからパート3を解きはじめる感覚です。

 

配点はパート3のほうが高いから。。。

 

という気持ちもわからないではないですが、
配点を優先して時間効率を無視すれば、
時間切れのリスクがたかまってしまいます。

 

ならパート2から助走をはじめて集中力を保ちながら
パート3になだれ込んでいったほうが、
時間効率も良く文章読解力も高いので
正答率が高まりオススメです。

 

パート4を解いたあとは。。

 

時間がない場合は仕方がありません、
すぐにはじまるリスニング問題に気持ちを
切り替えて挑みましょう。

 

時間がある場合は:

 

気になった問題のチェックをザッとしましょう。

 

問題を解いていくなかで、『どっちだろう?』と
迷いながら選択肢を選んだ問題があるはずです。

 

その部分をチェックしておきましょう。

 

ここまでは気持ちが前へ前へと焦っていたので見落としがある可能性があります。

 

筆記試験のパート4までを終えたあとに前へ前へから
後ろへ後ろへ(=チェック)という作業をすることで、
正答を選ぶために重要なキーポイントが見つけられる
可能性もかなりあります。

 

チェックは:

 

パート3→パート2→パート1

 

という逆の順番でザッとします。

 

パート3は配点がたかくチェックしやすい問題形式となっていますので、
パート1・2より優先でチェックすべきポイントです。

 

問題を解いていくなかで『どっちだろう?』と悩んだポイントは
わかりやすくマークをつけるようにしておいてください。

 

あとでチェックするときにマークがついた部分だけを重点的に
確認することによってチェックに要する無駄な時間を省くことができます。

 

ちなみに僕は『?』マークを大きく書くようにしていました。

 

そしてリスニングの問題をできる限り読んでおきましょう。

 

パート1〜3のチェックが終わったら、今度はリスニングの問題文を
先に読むようにしておきます。

 

特にリスニングのパート1に出てくる問題文は念入りに読むようにしましょう。

 

パート2以降の問題文を先に読んでも忘れてしまう可能性がありますので
さらっと読める範囲を読むだけでOKです。
(ただしく言えば、正確に覚えることはできません)

 

パート1の問題文を事前にしっかりと読んでおくことで、
リスニングがはじまってから落ち着いて問題を解くことが
できるようになります。

 

どうしても前の問題が気にかかってしまって、
次の問題まで取りこぼしてしまったというのは
英検受験者ならかならず一度は経験があるパターンですが、
事前の問題チェックがこのような可能性を減らすもっとも効果的な方法です。

 

リスニングは待ったがきかない問題形式ですので、
事前準備があるとないとでは、
心の落ち着き具合が違いますからね。

 

リスニング パート2・3・4と問題を解いたら受験終了です

 

リスニング問題は筆記問題とちがって、
自分で問題を解く順番を工夫することができません。

 

なのでパート1を解いたら否応なく
パート2〜4を順番に回答していく必要があります。

 

このときに先にお伝えしたように、パート1を落ち着いて解けたかどうかが
正答率にかなり影響してきますので、
焦らず落ち着いてパート1に対処できるようにしましょう。

 

必ず正しい選択肢がわからない問題はでてきます。
そんな時はあきらめが肝心ですので、
スパッと切り替えて次に進んでいくようにしてください。

 

第一回目の講義はこれにて終了

 

以上で第一回目の講義を終わります。

 

もしかしたら今回お話した問題を解いていく順番は
あなたが聞いたことがある順番かもしれません。

 

なので

 

『な〜んだ、こんなことしか教えてくれないのか。。』

 

とがっかりさせてしまったかもしれませんが、
まだ第一回目の講義が終了しただけです。

 

パート毎の具体的な攻略法やあると時間短縮に
かなり役立つ受験グッズなどこれからどんどん英検1級の
得点力をあげるために役立つ方法をお話していきますので、
次回の講義もぜひ受講してみてください。

 

次回の講義の題目はこちらです↓

 

英検1級受験講座A|パート1 語彙選択問題で得点力をあげるための攻略法
(クリックすると講座を読むことができます)

関連ページ

A英単熟語問題の解法
英検1級受験でページを開いた最初もパートが英単語・熟語の選択問題ですね。でてくる単語はすべて高度なものばかり。ここで時間をくってしまうと、他のパートを解く時間が減ってしまい、焦って正答率が下がることにもなりかねません。こちらでは英検1級のパート1をどのように効率よく解いていくか、時短テクニックを詳しくお話したいと思います。
B長文穴埋問題の解法
英検1級のパート2は短めの長文を読み、空欄部分にどういう内容の文が入るのかを選択する問題形式です。パート2は筆記問題のなかでは軽視されがちな部分ですが、次のパート3長文問題への準備体操ともなる重要なパート。英検1級のパート2をどのように攻略すべきかを、このページでは詳しくお話してきます。
C長文正誤問題の攻略法
英検1級の筆記問題で高得点を狙うために必ずおさえておくべきパートがパート3の長文問題です。配点が1問あたり2点と他の問題(エッセイ除く)にくらべて2倍!1問正解するだけで他の問題の2倍報われます♪そして実は正解しやすいパートだったりもするんです。このページでは英検1級の長文問題で高得点をとるための方法をお話します。ぜひ読んで合格に近づいてください!
Dエッセイ問題の攻略法
英検1級の問題の中でも1問あたりの配点がもっとも高いエッセイ・英作文問題。1問で配点が28点と、ここで高得点が望めないと、合格も望めません。そんな英検1級のエッセイ・英作文問題で高得点を取るための受験法・攻略法をこの講座ではお話します!
Eリスニングパート1の攻略法
英検1級のリスニング問題の最初パート1問題の攻略法・コツをここではお話しています。英検1級の筆記試験が終わってへとへとになったころにやってくるリスニング問題。筆記試験のように自分で時間配分をすることもできずに音声にあわせて問題を解いていくしかありません。そんな状況の中でどうやって高得点を狙っていくか?ぜひこの講座を参考にしてみてください。
Fリスニングパート2の攻略法
英検1級に独学で合格することを目的とした当サイトの無料受験法の第七回目の講義です。リスニングパート2って苦手としている人がけっこう多いパート、僕自身も英検の中で一番苦手な問題でした。でもそんな英検1級の難関で高得点が取れるようになります。僕自身が実践して結果を出した攻略法・コツをこの講座でこっそりあなたにお伝えします。
Gリスニングパート3の攻略法
英検1級に独学で合格することを目的とした当サイトの無料受験法講座の第8回目です。今回はリスニングパート3で満点を取るために知っておくべき攻略法・コツなどをお話していきます。リスニングパート3は英検1級の中でも満点がとりやすい部分。ここをきっちりとおさえて一次試験合格に結び付けましょう!
Hリスニングパート4の攻略法
英検1級に独学で合格することを目的とした当サイトの無料受験法講座の第9回目の講義です。2時間超えの難関試験の最後のラストスパート、ここで満点が取れたらあなたの英検1級合格は確固たるものになります。というわけでページを読んでみてください!
I英検1級に合格する時間配分
J魔法の筆記用具
こちらは英検1級に合格することを目的とした無料講座の11回目の講義となっています。これまで1〜10とかなりハイペースでお話してきましたので、今回は少しライトな、でも受験効果の高い筆記用具のお話です。あなたが英検1級合格を目指しているなら絶対に読んでおいてください。合格が近づきますよ♪
英検1級講座|二次面接試験の準備
英検1級の二次試験は外国人面接官1名・日本人面接官1名の計2名を相手に英語でスピーチ・質疑応答をするハイレベルなもの。どうしたって緊張が起こってしまいます。緊張はあなたの英語力を下げて合格の確率を下げてしまうもの。できるだけ緊張しないようにしておきたいものですね。この講座では二次試験で緊張しないための秘策を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

独学勉強法講座 独学用教材 実践受験法講座 受験体験談 二次試験・面接対策 ホーム