英検1級 独学 勉強法

英検1級に絶対受かる独学勉強法|独学で受かる過去問の勉強法

あなたにも英検1級の合格証明書をプレゼントします

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

管理人所有の英検1級合格証明書です。

 

英検1級(R)に合格したくありませんか

 

当たり前にイエスですよね。

 

『何をいきなり聞いてきているんだ』と
怒られてしまいそうな質問です。

 

そのためにあなたも日夜単語を覚えたり、リスニング対策を
しているんだと思いますが、それだけだと実は英検1級対策は
不十分です。

 

なぜかというと学習(インプット)するだけでは実践(アウトプット)に
使える知識にはならないからです。

 

そんな時に役に立つ、アウトプットのための教材が英検1級の過去問題集です。

 

このページでは英検1級の過去問題集を使った
受験勉強法をお話します。

 

ぜひぜひ参考にして英検1級合格までの道のりを
縮めてください。

 

英検1級(R) 過去問題集の正しい使い方

 

あなたはどのように英検1級の過去問題集に取り組んでいますか?

 

『うーん、ページを開いてただ解いているだけです』
『昨日は20◎◎年第◎回のPart3を解きました』

 

これ実際に僕自身が質問して返ってきた返答です。

 

あなたがもし同じような形でなんとなく過去問を解いているのなら、

 

もったいないです!!

 

ぜひこのページを見て過去問の使い方を改めてみてください。

 

英検1級の過去問題集の勉強法はこの3つ

 

勉強法1|実際の試験につかえる解答能力をつける

 

過去問に取り組むときは週末などの必ずまとまった時間を
取れるときにしましょう。

 

それ以外は過去に解いた過去問の見なおし程度にとどめておきます。

 

そして週末、誰にも邪魔されない場所に行き、
英検1級の試験時間と同じ時間枠で、
問題を解いていきます。

 

このときの注意点は問題集についてくる、

 

付属のマークシート用紙を必ず利用することです。

 

こうすることで、あなたは実際に英検1級の試験を
解いているという感覚が芽生えてくるはずです。

 

実際の時間枠で試験に限りなく近い状態を作り出せば、
あなたは今までの勉強で培った知識をアウトプットする
練習ができているということになります。

 

そして↓

 

勉強法2|採点をしたうえで弱点を見つける

 

必ず採点をしてどのパートが何点取れているかを
チェックしましょう。

 

過去に解いた過去問の点数と比較できる表を作るのも良いですね。

 

そうすることであなたは:

 

  1. 英検1級の苦手分野=補強すべき部分が見つけられる
  2. どれだけ自分に英検1級の試験解答能力がついているかがわかる

 

という2つができるようになります。

 

補強すべき部分が見つかったら普段の学習時に重点的に補強していきましょう。
そうすることでさらに高得点が望めるようになります=合格に近づきます。

 

また試験解答能力がつく=実際の試験でも高得点が取れる確率が
高まるということなので、これもまたあなたが合格に近づいていることになります。

 

点数が伸び悩んでいるなら、何か普段の学習法や生活を
変えたほうがよいというサインとして受け止めましょう。

 

間違えた問題は必ず解説をチェック

 

たまに過去問を解いて採点をするだけという方がいるんですが、
これは実にもったいない話です。

 

過去問に付属されている解説を読んで、

 

なぜ間違えたのか?を理解するようにしましょう。

 

そうしないと同じ過ちを何度も繰り返すことになります=合格できない。

 

しっかりと間違えた理由が理解できていれば、
次回同じミスを繰り返す可能性が減りますので合格できる確率が高まります。

 

当サイトがオススメする過去問勉強法のメリット

 

試験に耐えうる集中力がつく

 

実際の試験に限りなく近い状態をつくって
過去問を解いていくことになりますので、
なんどもこの方法で過去問を勉強していけば

 

自然と英検1級の長時間の試験に耐える集中力がつきます

 

疲れにくくなる

 

英検1級は二時間越えの長丁場の試験。

 

さらに難しい問題が続く試験ですので、
筆記試験を終えてリスニング問題がはじまるときには
もう身体が疲れてヘロヘロという方も多いはずです。

 

それはなぜかというと試験慣れしていないからです。

 

当サイトの英検1級過去問勉強法を実践していただくことは、
実際の試験に向けたトレーニングとなります。

 

試験と同じ時間を設定して問題を解いていくわけですから、
試験に向けて身体と脳をトレーニングしているのと同じことですよね?

 

すると脳も身体も英検1級試験の問題レベルや試験時間に
慣れていってくれるため疲れにくくなり、
リスニング問題も含めて総合的に英検1級の得点力がアップします。

 

時間配分がわかるようになる

 

なんども英検1級試験と同じ状態で過去問を解いていくと
自然と時間の感覚がわかってくるようになります。

 

するといちいち時計を確認するというムダな時間を使わなくても
自分のペースが早いか遅いかがわかるようになりますので、
実際の試験を効率よく解いていけるようになります。

 

なので、過去問を解くときは自分の決めた
問題を解く順番も含めて実際の試験と同じように
問題を解いていくようにしてください。

 

当サイトでも英検1級の受験法講座を無料で開いていますので
そちらもあわせて参考にすると効果が倍増します。

 

関連ページ|英検1級に独学で合格するための受験対策講座

 

あなたが英検1級(R)に合格することを願っています

 

『英検1級にできるだけ多くの人が合格してほしい』

 

そんな思いでこのサイトを立ち上げました。

 

それは僕自身が英検1級に合格したときの喜びを
知っている人間の一人だからです。

 

もちろん英検1級合格による社会的な恩恵もです。

 

なので当サイトを利用してあなたにも同じ思いをしてもらいたいと
切に願っています。

 

ぜひこのページを参考にして英検1級の過去問対策に
取り組み英検1級に合格してくださいね!

 

英検1級合格まで当サイトとともに進んでいきましょう!

 

オススメの英検1級 過去問

 

英検1級の過去問ならこれだと言える
オススメの過去問題集を別ページでご紹介しています。

 

試験までの勉強を効率よくすすめてくれる、
オススメの過去問となっていますので
ぜひあわせてチェックしてみてください↓

 

英検1級のオススメ教材|独学で英検1級に受かるための過去問はこれ!

 

関連ページ

英検1級の単語勉強法
英検1級に合格するうえで最大の難関ともいえる単語学習。受かるためには一万語以上のボキャブラリーを試験に向けて記憶することが必要になってきます。一万語と言われると無理なんじゃないか。。と弱気になるかもしれませんが、そんな心配は無用です。このページの内容をそのまま真似して英検1級の単語学習をしてみてください。あなたは絶対に合格できます!
英検1級の長文勉強法
英検1級の長文問題ってむずかしくてイヤ。。。あなたはそう思っていませんか?英語資格の最難関試験にでてくる長文はそう簡単に理解できるものではたしかにありません。でもこのページで紹介する問題集(千円以下をくり返し解いてみてください。あなたは英検1級に合格するために必要な英語長文読解力を手に入れることができます。
エッセイ・英作文勉強法
英検1級のエッセイ・英作文は配点が28点とかなり高く、ここで得点できないと、ほかのパートがどれだけ高得点でも合格は危うくなります。このページでは英検1級に独学で合格するためのエッセイ・英作文の勉強法をお話しています。
英検1級のリスニング勉強法
英検1級のリスニング対策って受験者泣かせですよね。。単語なら覚えたらおしまいという感じがありますが、リスニング対策はどこまで勉強すれば良いの?どんな風に勉強すれば良いの?という基準があまりありません。当サイトでは英検1級取得者の管理人が独学で合格するのに必要なリスニング勉強法を伝授します!
一発で合格できる面接勉強法
英検1級を目指している人のおおくが1次試験突破にのみ目標をおいて勉強をされています。その結果起こるのが、、2次試験に3回連続で不合格でまたいちからのやり直しになる最悪パターン(私が経験しました 泣)そうならないために、こちらのページでは英検1級の2次試験に独学で一発合格できるオススメの勉強法をご紹介しています!
無料で外人恐怖症を乗り越える方法
英検1級の面接試験は日本人1名・外国人1名の2名を相手にスピーチと質疑応答をする試験形式となっています。普段、日本にいるとなかなか外国人と接する機会がなくて面接の時は否応なく緊張してしまうもの。そんな英検1級面接試験にありがちな外国人恐怖症を乗り越える無料の方法を紹介します!

独学勉強法講座 独学用教材 実践受験法講座 受験体験談 二次試験・面接対策 ホーム