英検1級 単語 勉強法

英検1級に絶対受かる勉強法|独学で合格するための単語勉強法

あなたにも英検1級の合格証明書を差し上げます

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

*当サイト管理人所有の英検1級合格証明書です。

 

英検1級に独学で挑もうとする人の目の前に立ちはだかる壁。

 

 

それが単語・熟語・ボキャブラリー学習です

 

英検1級に合格しようとする人が目指すべきレベルを
英検協会より頂いた資料で紹介すると↓

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

"Can understand and use language necessary to participate
effectively in a wide range of social, professional, and educational situations. "

 

『社会・専門・教育と広範囲の分野でのコミュニケーションに効果的に
参加していくために必要な英語理解力・使用力があるレベル』

 

(*わざと直訳調で翻訳しています)

 

となっています。

 

社会生活や専門(仕事)、教育現場などでも問題なく英語を使って
コミュニケーションがとれるレベルにならないと英検1級には合格できない。

 

逆に言えば英検1級に合格できるレベルになれば、そのようなシチュエーションでも
問題なくコミュニケーションがとれるレベルになっているという事ですね。

 

で、、肝心の語彙量ですが、どれくらいの単語量が必要だと思いますか?

 

10,000語〜15,000語の語彙量が必要です!

 

もちろん英検5級に出てくる単語も10,〜15,000語のなかに
ふくまれているので1から10,000語覚えないといけないというわけでは
ありませんが、この数字を聞くだけで絶望感を覚える人もいると思います。
(というより過去の僕がそうでした。。)

 

でも安心してください。

 

『15,000語なんて無理だ〜』

 

そう思っていた僕がある勉強法で英検1級に合格できたんです。
そして合格時のPART1 単語熟語選択問題の得点率は8割を超えていました。

 

僕が英検1級に合格するために実践した独学の単語勉強法を
ここからお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください!!

 

実践!!英検1級単語勉強法 必須の単語帳

 

まず、この勉強法には英検Pass単という
英検受験者には有名すぎるくらい有名な
単語帳をしようします。

 

あなたも持っている可能性が高いですね↓

 


(画像をクリックするとアマゾンの販売ページに飛びます)
楽天の販売ページはこちら→でる順パス単英検1級

 

この単語帳は英検1級の過去5年間分の試験を分析して、
頻出度のたかいものをコンパクト(2400語)にまとめてくれているものです。

 

このページの冒頭で10,000語以上の語彙量がひつようになると
書きましたが、あれはあくまで英検協会が発表している目安量です。

 

英検1級に出題される語彙は毎回似通ったものがおおくて、

 

そこをピンポイントに覚えていけば1万語よりも少ない単語記憶量で
効率よく英検1級に合格できちゃうんです!!

 

この頻出する単語を重点的に覚えるという語彙学習法こそが、

英検1級の単語学習を制する近道だと覚えておいたほうが良いです。

 

きまじめに、15,000語を1,2,3,4,5〜15000まで覚えていったのでは
たぶん、英検1級に合格するのは10年以上先になってしまうでしょうからね。

 

僕はPass単だけで英検1級に合格しました

 

とくに僕自身、ものすごく才能があったわけではありません。
英検1級を初めて受験したときの単語問題の正答率は
2〜3割しかありませんでした。

 

でも自分なりに効率のよい勉強法を追求した結果、
いまから説明する勉強法の形になり、実践したところ。。

 

 

英検1級に独学で見事合格することができたんです

(*合格時の正答率は9割ほどでした♪)

 

だからあなたも僕と同じテキストを使って同じ勉強法(後述)を
してもらえれば

 

 

英検1級に絶対に合格できます!!

 

魔法のように一日で1万語の単語がスラスラと頭に〜〜〜
みたいな胡散臭い方法ではなく、きっちりとした理論にもとづいて
作り上げた単語学習法となっていますので、

 

私だけでなく誰にでも高い効果があります。

 

実践!英検1級(R) 単語勉強法 単語記憶術

 

ではここから実際に単語を覚えていく手順をお話していきます。

 

まず文章で説明しますが、文字だけだと分かりにくいので、
後で画像付きで補足説明をします。

 

とりあえずはザッと学習の流れをつかむつもりで読んでみてください↓

 

英検1級 単語勉強法 初回編

 

@単語勉強法を実践する前に1日に覚える単語量を決めておくこと

 

*1日で覚えたい単語量を決めましょう。(オススメは50単語です)

 

  今後継続的に毎日同じ量の単語を覚えていく事になりますので、
  自分に見栄を張って100語など多すぎる量を設定するのは避けて下さい。
  あなたにとって無理なく続けられる単語量が最適です。

 

APass単を開きます

 

 

BPass単で今日覚えるべき単語量(@で決めた語彙数)分を
 ザッと眺めていきます。

 

*英→日の順番でチェックするようにしてください。

 

C赤透明シートを利用して訳語を想像しながらBをくり返します。

 

Bが終わったらまた最初に戻り、今度はPass単に付属の
赤透明のシートで日本語部分をかくして頭からチェックしていきます。

 

訳語を想像しながら答え合わせをするつもりでチェックしてみてください。

 

訳語と自分の想像があっていなくても気にせず次の単語に進んでください。
一つの単語を記憶するために10分止まったりしないように注意してください。

 

C−1 正解の訳語が想像できた場合

 

Cの手順で訳語を想像しながら答え合わせをしていくと、
正解の訳語が想像できる場合があります=覚えているということです。

 

この時、該当単語の横に鉛筆またはシャーペンで
分かりやすくマークをつけておいてください。
この単語については次から飛ばしてもOKです。

 

C−2 1ページ全単語にマークがついた場合

 

ページの上部または下部に鉛筆・シャーペンなどで、
分かりやすくマークをつけておきましょう。

 

あとで見返したときに自分の努力がしっかりと印として
残っているのでモチベーションアップに役立ちます。

 

D全ての単語にマークがついたら学習完了です

 

あなたが1日で覚えると決めた量の単語分すべてに
マークがついたら今日の単語学習は終了です。

 

はいっ、ここまでが初めて私の考案した単語学習法を
はじめて実践する場合の流れでした。

 

次に2回めからの学習法をお伝えします。

 

英検1級 単語勉強法 2回め〜

 

@前日に学習した単語の復習からはじめます

 

初回編のC〜C−2までの流れをくりかえします。

 

赤シートで訳語を隠して、単語の日本語訳を想像→答え合わせをします。
覚えている単語があれば、前日つけたマークを消しゴムで消しましょう。

 

前日分のマークがすべて消せるまで何度もCをくりかえして下さい。

 

*1ページ全てのマークが消えたら、ページ上部または下部に
 復習が完了したページとして印をつけておきましょう。

 

APass単で今日覚えるべき単語量(@で決めた語彙数)分を
 ザッと眺めていきます。

 

*英→日の順番でチェックするようにしてください。
*前日No.1〜50の単語を覚えたのなら、今日は51〜100になります。

 

B赤透明シートを利用して訳語を想像しながらAをくり返します。

 

赤透明のシートで日本語部分を隠して頭からチェックしていきます。

 

訳語を想像しながら答え合わせをするつもりでチェックしてみてください。

 

訳語と自分の想像があっていなくても気にせず次の単語に進んでください。
一つの単語を記憶するために10分止まったりはしないように注意してください。

 

B−1 正解の訳語が想像できた場合

 

Bの手順で訳語を想像しながら答え合わせをしていくと、
正解の訳語が想像できる場合があります=覚えているということです。

 

この時、該当単語の横に鉛筆またはシャーペンで
分かりやすくマークをつけておいてください。
この単語については次から飛ばしてもOKです。

 

B−2 1ページ全単語にマークがついた場合

 

ページの上部または下部に鉛筆・シャーペンなどで、
分かりやすくマークをつけておきましょう。

 

あとで見返したときに自分の努力がしっかりと印として
残っているのでモチベーションアップに役立ちます。

 

C全ての単語にマークがついたら学習完了です

 

あなたが1日で覚えると決めた量の単語分すべてに
マークがついたら今日の単語学習は終了です。

 

<単語勉強法の注意点>

 

@一つの単語で立ち止まって無理に覚えようとしないでください

 

なんどもくり返し同じ単語を見て訳語を想像しながら覚える方法となっていますので、
一つの単語に固執して必要以上に時間を使ってしまうのはNGです。

 

最初から最後まで行っては最初に戻り〜をくり返しをしながら徐々に覚えている
単語を増やしていきます。そして覚えた単語には印が入り、
次からはチェックする必要がありません。=チェックする単語を減らしていくという方法になります。

 

A単語の勉強はスキマ時間にしてください

 

単語学習のために1時間など決まった時間を割く必要はありません。
当サイトの方法は朝トイレに入っている時間や通勤電車の中、なにかの待ち時間など
空き時間を効率的に利用できる勉強法となっています。

 

1日の間にできるスキマ時間に、何度も今日覚えるべき単語をくり返し見て、
訳語を想像して答え合わせをする。この作業だけである程度単語は覚えることができます。
どうしても覚えられない単語があった場合のみ時間を集中的にとって覚えるようにしましょう。

 

実践!英検1級 単語勉強法 単語記憶術 を画像で説明!

 

@単語勉強法を実践する前に決めておくこと

 

*1日で覚えたい単語量を決めましょう。(オススメは50単語です)

 

  今後継続的に毎日同じ量の単語を覚えていく事になりますので、
  自分に見栄を張って100語など多すぎる量を設定するのは避けて下さい。
  あなたにとって無理なく続けられる単語量が最適です。

 

APass単を開きます

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

BPass単で今日覚えるべき単語量(@で決めた語彙数)分を
 ザッと眺めていきます。

 

*英→日の順番でチェックするようにしてください。

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

C赤透明シートを利用して訳語を想像しながらBをくり返します。

 

Bが終わったらまた最初に戻り、今度はPass単に付属の
赤透明のシートで日本語部分をかくして頭からチェックしていきます。

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

訳語を想像しながら答え合わせをするつもりでチェックしてみてください。

 

訳語と自分の想像があっていなくても気にせず次の単語に進んでください。
一つの単語を記憶するために10分止まったりしないように注意してください。

 

C−1 正解の訳語が想像できた場合

 

Cの手順で訳語を想像しながら答え合わせをしていくと、
正解の訳語が想像できる場合があります=覚えているということです。

 

この時、該当単語の横に鉛筆またはシャーペンで
分かりやすくマークをつけておいてください。
この単語については次から飛ばしてもOKです。

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

C−2 1ページ全単語にマークがついた場合

 

ページの上部または下部に鉛筆・シャーペンなどで、
分かりやすくマークをつけておきましょう。

 

あとで見返したときに自分の努力がしっかりと印として
残っているのでモチベーションアップに役立ちます。

 

D全ての単語にマークがついたら学習完了です

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

ここでは初回編を例にとって画像付きで単語勉強法を説明しました。
2回め以降についてはこの方法に復習(Cの作業で印を消していく作業)が
付け加えられるだけですので、画像付きの説明は省略します。

 

当サイトの英検1級(R) 単語勉強法のメリット・デメリット

 

当サイトの英検1級単語 勉強法のメリット

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

スキマ時間を有効的に活用できます

 

少しうえでもふれましたが、当サイトの単語勉強法は1日の間で1時間を必ず
割かなければできないという方法ではありません。

 

英検Pass単をいつでも手の届くところに置いておけば少しの空き時間を
見つけて学習することが可能です。

 

このスキマ時間を使用する方法はまとまった時間がとれない
社会人や大学の勉強で忙しい学生、
また家事で忙しい主婦の方にとってもっとも効率の良い学習方法となっています。

 

毎日一定量の単語を覚える習慣がつき、単語学習が楽になる

 

単語学習に1時間割くという事を毎日やっているとどうしても忙しい時に
サボってしまいがちになり、そのままズルズル〜と勉強しなくなりがちです。

 

当サイトの学習法は最初こそ違和感があり、意識的に単語帳を手に取る必要が
ありますが、慣れればスキマ時間があれば自然と単語帳に手が届くようになります。
(私の経験上、ほんとうにそうなるんですよ♪)

 

そして毎日、自分が決めた一定量(私の場合50単語)を覚えていくようにすると、
この単語学習リズムが身体に染みこんでいき、脳が単語学習に最適化されるようになります。
すると、毎日50単語をスキマ時間で覚えるという事が可能になり
単語学習の効率がアップします。

 

単語以外の学習に時間が使えるようになる

 

単語学習だけで1時間。。他にリーディング対策で1時間。。
リスニング対策でも1時間。。。

 

こんなの社会人なら無理ですよね?
たぶん大学生でも厳しいでしょう。

 

当サイトの単語勉強法はスキマ時間を利用しているため、
スキマ時間で単語学習を終わらせてしまい、

 

他のリーディング対策やリスニング対策に
まとまった時間をとることができるようになります。

 

一般的な学習法なら1日1回単語勉強するだけで精一杯だったものが、
当サイトの学習法なら単語学習+リーディング対策、単語学習+リスニング対策まで
可能になってしまうのです!!!

 

どちらが英検1級合格に近道かは言うまでもないですね♪

 

当サイトの英検1級単語 勉強法のデメリット

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

なれるまで少し大変です

 

今までスキマ時間に単語を学習するという習慣がなかったのに、
いきなりスキマ時間で単語学習をするようになる。。

 

と、身体と脳が慣れていなくて少し抵抗を感じる(邪魔臭いと思う)事があります。
(私もそうでした)

 

でも、これは最初のうちだけです。
当サイトの勉強法を諦めずに1ヶ月続けてみてください。

 

歯みがきをするのと同じくらいスキマ時間に
単語学習をするのが自然な習慣になっていきます。

 

歯みがきを朝しないと気持ち悪いですよね?
単語学習もおなじようにしないと気持ち悪くなってしまうんです。

 

習慣にさえしてしまえばこちらのモノ。
脳はスキマ時間=単語を覚える時間と認識してくれるので、
週に一回まとめて単語を覚えるより効率的に単語が頭に
入ってくるようになります。=記憶できるようになります。

 

英検1級(R) 単語勉強法についての よくある質問

 

教えてもらった勉強法でPASS単を最後まで勉強し終えました

他にオススメの単語帳を教えてください

他の単語帳を使う必要はありません。Pass単だけで充分です。1つの単語帳をひと通りやり終えたら他の単語帳を使う。。。という方法だと、ザッと一通りの単語を「覚えたつもり」で終わってしまう可能性があります。浅く覚えた状態になってしまうという事ですね。
それよりも同じ単語帳を何度もくり返して記憶の定着をよりしっかりとしたものにしたほうが良いです。
その方が受験時に英単語を見た際の意味認識スピードが上がります。すると回答スピードも上がりますので、単語学習だけでなく効率的な受験対策にもなります。このため英検1級受験のための単語帳はPass単だけに絞って何度も繰り返すようにしてみてください。

 

*どうしてもという場合は、自分オリジナルの単語帳を別に作成しましょう。英検1級の勉強をしていく中ででてきた分からない単語とその意味をまとめたオリジナル単語帳を作っておいたほうが他の単語帳に浮気をするよりは効率的です。(そしてお風呂でのんびりながめて健康的に覚えて下さい)↓
水に濡れても大丈夫な単語カード.

 

PASS単じゃないとダメなんですか?すでに単語帳を持っているのですが。。

できればPASS単がオススメです。なぜかというと、私自身がPASS単だけで英検1級に合格したという経験があるのももちろんですが、更新頻度が高いからです。英検1級に合格するという目標に絞って単語学習をするというばあいはPASS単が良いでしょう。ただ、当サイトの単語勉強法はほかの単語帳でも応用可能な勉強法となっていますので、どうしてもと言う場合はあなたのお持ちの単語帳を使って当サイトの単語勉強法で単語を覚えていくという方法でもOKです。

 

PASS単を何回繰り返せば単語学習は完了ですか?

結論から言えば英検1級に合格するまでです。単語をもう完璧に覚えたからと単語学習をやめてしまうと、そこからは少しずつですが覚えた単語が頭から抜け落ちていく(忘れていく)方向に進みます。すると英検1級受験時の単語忘れによる点数の取りこぼしがでてきます。なんどもPASS単をくり返して英検1級受験時の単語記憶コンディションをベストなものにしましょう。すると得点もベストなものになり英検1級合格の可能性が高まります。

 

また補足ですが、Pass単を繰りかえせば繰りかえすほど、覚えている単語(初見で印をつけられる単語)が増えていきます。すると最初は1日50単語チェックするので精一杯だったのに最終的には1日200単語ほどをチェックできるようになります。つまりは単語学習がどんどん楽になっていくので、単語学習に使う時間は最小限になって、他の対策(読解・リスニング)などに多くの時間がさけるようになります。

 

英→日だけでいいんですか?日→英で英単語を覚える必要は?

ありません!なぜかというと英検はライティングを除いて基本的に英語を
読んで/聞いて問題を解くという試験方式だからです。
英語を読んで解く方式なら、英単語を見て日本語の意味が理解できなければ話になりません。
このため、英単語を見て日本語訳が分かるようになる単語勉強法をオススメしています。
(*ライティング問題は英単語も重要ですが論理性や主張が大事になってきます)

 

本当にこんな勉強法で大丈夫か?お前の今の英単語力を見せてみろよ!

 

。。。。ともしかしたら僕の勉強法を疑いの目で
見ている人もいるかもしれませんね。
(あなたじゃないことを祈ります)

 

じゃあ客観的な現時点の僕の英語力をお見せしましょう!

 

英検1級,英検一級,合格,勉強法,受かる,単語,ボキャブラリー,語彙,ライティング,リーディング,リスニング,面接,2次試験,一次試験

 

この表は英検協会のHPにある「英検級かんたん測定」という
自分がどの級を受験できるレベルにあるかを測るテストの受験結果です。
(2015年から英検協会のHPに導入されたテストです)

 

僕が英検1級に合格したのは2009年、今が2015年です。

 

合格から6年経っても単熟語のレベルはもっとも高い
最高レベルにあるのが分かって頂けると思います。
(*うえの表の一番左はしの上矢印が僕の単熟語レベルです)

 

6年経っても落ちない英単語力がスキマ時間で
手に入れられるならよくありませんか?

 

もちろん英検1級に独学で合格できる単語力もスキマ時間で
手に入っちゃいます。

 

なので。。

 

よければ当サイトの単語勉強法を信じて実践してみてくださいね♪
そして合格の喜びを味わってください♪僕も経験したことがありますがたまらないですよ♪

 

当サイトの英検1級 単語勉強法の元となる理論

 

英単語をしっかりと覚えて頭に定着させるのに、
同じ単語を何回覚えればよいか知っていますか?

 

答えは48回です(だそうです)。

 

どの本かは正直忘れてしまったのですが(←オイオイ。。)
じっさいに書籍で堂々と紹介されていた数字です。

 

実際にワタシも自分の単語勉強法にこの理論を取り入れた結果、
たしかに英単語の定着率が格段にアップしました。

 

どれくらいの定着率かというと、僕が英検1級に合格してから6年以上経っていますが、
いまだに単語を覚えているくらいの定着率です。
(うえのテスト結果を見てもらえれば分かって頂けると思います)

 

当サイトがお教えする単語勉強法は自然と48回以上くり返し
おなじ単語を覚えようとします。

 

なので試験時にも使えて、合格後も使える英単語力を
身に付けることができますよ♪

 

関連ページ

英検1級の長文勉強法
英検1級の長文問題ってむずかしくてイヤ。。。あなたはそう思っていませんか?英語資格の最難関試験にでてくる長文はそう簡単に理解できるものではたしかにありません。でもこのページで紹介する問題集(千円以下をくり返し解いてみてください。あなたは英検1級に合格するために必要な英語長文読解力を手に入れることができます。
エッセイ・英作文勉強法
英検1級のエッセイ・英作文は配点が28点とかなり高く、ここで得点できないと、ほかのパートがどれだけ高得点でも合格は危うくなります。このページでは英検1級に独学で合格するためのエッセイ・英作文の勉強法をお話しています。
英検1級のリスニング勉強法
英検1級のリスニング対策って受験者泣かせですよね。。単語なら覚えたらおしまいという感じがありますが、リスニング対策はどこまで勉強すれば良いの?どんな風に勉強すれば良いの?という基準があまりありません。当サイトでは英検1級取得者の管理人が独学で合格するのに必要なリスニング勉強法を伝授します!
英検1級・過去問勉強法
英検1級合格までの道のりを少しでも近づけるための過去問の勉強法をこちらのページではご紹介しています。実際に英検1級に独学で合格した当サイト管理人が実践していた方法ですので、効果は実証済みです。ぜひあなたの受験対策にも役立ててみてくださいね♪
一発で合格できる面接勉強法
英検1級を目指している人のおおくが1次試験突破にのみ目標をおいて勉強をされています。その結果起こるのが、、2次試験に3回連続で不合格でまたいちからのやり直しになる最悪パターン(私が経験しました 泣)そうならないために、こちらのページでは英検1級の2次試験に独学で一発合格できるオススメの勉強法をご紹介しています!
無料で外人恐怖症を乗り越える方法
英検1級の面接試験は日本人1名・外国人1名の2名を相手にスピーチと質疑応答をする試験形式となっています。普段、日本にいるとなかなか外国人と接する機会がなくて面接の時は否応なく緊張してしまうもの。そんな英検1級面接試験にありがちな外国人恐怖症を乗り越える無料の方法を紹介します!

独学勉強法講座 独学用教材 実践受験法講座 受験体験談 二次試験・面接対策 ホーム